小学生の好奇心を刺激して、漢字力・語彙力をぐんぐん伸ばす方法を紹介

漢字や語彙を覚えるのは国語の基本です。しかし、さあお勉強しましょう、覚えましょうと言ってもたいてい子どもは、嫌がってやってくれません。たとえ、イヤイヤやってくれたとしても集中力が全く持ちません。


それでは、子どもが嫌がらない漢字の読み書きを覚える方法や語彙を増やす方法ってあるのでしょうか?


子どもに何かを学ばせようと思ったら、好きなことや興味があることを学ばせてあげるのが一番です。
子どもって、大人にとってはなんでこんなものに?というような、一見何の役にも立ちそうにないものに興味を示しますよね。しかも、粘り強いというかしつこいというか、一度興味を示したらものすごく執着します。飽きるまでずっとずっと続けます。しかし、「そんなものに」「今忙しいから」という大人の価値観や都合を押しつけないで、「そうだね」「すごいね」「おもしろいね」と子どもの気持ちに共感してあげれば、子どもは抜群の集中力を発揮します。


大人がとことん付き合ってあげることによって、子どもの興味がどんどん「学び」に変化していくのです。


親としてはパワーを吸い取られて大変かもしれませんが、そこをちょっと頑張れば、子どもが主体的に学習してくれる”漢字の楽しい学習法”をこちらで紹介したいと思います。


子どもは、好奇心のかたまりです。子どもの興味の赴くままにしてあげれば、たちまち漢字や語彙を吸収していってくれます。


子どもの集中力が持続する漢字の勉強法☆日々の生活に漢字の勉強を取り入れる


当たり前ですがお家の中は、日本語だらけ。本、広告、洗剤のラベル、お菓子の包装、歯磨き粉のラベル、……。子どもが興味を示したら、それに乗っかるだけでどんどん漢字を覚えていってくれます。



うちの子の場合、ひらがなが少しずつ読めるようになったころから “ラベル読み”が始まりました
最初は、漢字は飛ばして、ひらがなだけ読んでいました。


例えば、石鹸の箱は「さわやかな花の香り」は、「さわやかな…の…り…」のように読んでいました。最初は何を言っているのかな?と思っていたのですが、まさかラベルに興味を示すなんて、大人は考え付きません。そのうち、あっ!いろんなラベルを読んでいるんだな気が付きました。


ひらがなに飽きると「これはなんて読むの?」と漢字も聞かれるようになりました。「ぎゅうにゅう」だよ~。「はな」だよ~。なんて答えてあげます。


お気に入りの恐竜図鑑や昆虫図鑑にはフリガナが振ってあります。そのうち、気に入った漢字を落書き帳に写し始めました。


年長さんのころ。頑張って「昆虫」を真似しています。



一年生のころ、「図鑑」を頑張って書き写しました!真似しきれてないところがかわいいですね。「上手だね!」って褒めてあげました。


読んだり書いたりしているうちに、周りにある漢字がたくさん読めるようになりました。未だに、読めない漢字があるとお父さんやお母さんに聞いたり、辞書で調べたりしています。すっかり、漢字好き、文字好きになりました。


親も参加したら、ますます張り切って夢中になってくれるかも。是非試してみてくださいね。





お散歩しながら漢字学習

うちの子の年長さんから一年生にかけてのマイブームは、散歩途中にみかけるたくさんの文字たち。看板、表札、広告などです。
日常生活で使う漢字はお出かけで覚えてしまったように思います。



これって「何カブシキガイシャ」って読むの?
……株式会社をどこで覚えたんでしょう??



地下鉄、JR、新幹線。
電車に乗りつつ、駅名を読んで漢字を覚えました。




特に、お気に入りは、車のナンバープレート 
プレートの上に地域名が書いてありますよね。あれが気に入って読んでいました。
家の近所にある旅館の駐車場は、地域名がバラエティーに富んでいてお気に入りです。漢字のついでに県名も覚えてくれました。子どもってなんでも勉強になるんですね。


そういえば、年少さんの時は、車のナンバープレートで数字を覚えていました。ナンバープレートを見かけると全て読み上げてからでないと前に進んでくれなかったので、夕食の支度が間に合わないこともよくありました。コインパーキングなどたくさんの車があると要注意のトラップエリア。



なぜか表札もお気に入りでした。


「タナカさん、スズキさん、イトウさん」
「…………ニクダさん」

え?肉田!?って思ったら、「内田」でした。



「ねえねえ、ゲッキョクって何?」
………月極ですね。



スーパーの広告だって気になります。ちなみに、お友達は、目玉を「めんたま」と読んだことがあるそうです。カワイイですね。


ときどき面白い間違いをしてくれたりするので、結構面白かったです。そうこうしているうちに、いつのまにか読める漢字が増えていました。


当時は、道端で長時間トラップされていたので、急いでいるときや寒い時など大変でしたが今では楽しい思い出になっています。


お散歩ついでの漢字学習。是非試してみてくださいね。





子どものお気に入りで漢字学習




年中さんから小学校2年生にかけては相撲がブーム。おじいちゃんと一緒に相撲を見ていたら、すっかり相撲に詳しくなりました。


力士はもちろん、行司さんにも熱い視線を送ります。



相撲は、『番付』と言われる階層を示した順位表で評価されます。
番付は大きく6つの階層に分けられ、上から順に『幕内』『十両』『幕下』『三段目』『序二段』『序ノ口』と区分けされています。また、最上位クラスの『幕内』は『横綱』を筆頭に『大関』『関脇』『小結』の三役、そして小結未満の『前頭』という順位付けで示される『平幕』に区別されます。


階級の名前や漢字も結構難しいです。しかし、読み方が難しいとか画数が多いとか、あんまりこだわりなく、覚えてしまいます。私「ジョニダン」なんて初めてしりました。そして、よく使われる「序の口」の語源が相撲にあったなんて!大人も勉強になりますね。


「寄り切り」「押し出し」「突き出し」………技もどんどん読み始めます。
「○○山、○○の里、琴○○、千代○、」。力士の名前も結構難しいですが、どんどん覚えてしまいました。一年生のころには、テレビ画面で幕内力士の名前は読めるようになりました。知らなかったら、大人だって読めないものもあります。普段使わないような漢字まで読めるようになってしまいました。




大相撲、何度も観戦に行きました!力士同士のぶつかるパチ!!という音、おおーーーという地の底から湧いて出てくるような大きな歓声!!大迫力です。場所が遠いのと金額が張るのでちょっと大変ですが、お父さんが頑張りました。大相撲が見られるのは、東京、大阪、名古屋、福岡です。それから、地方巡業もあります。


2年生から現在にかけては、スポーツが大好きになって、選手名からどんどん漢字を覚えてくれました。おじいちゃんとおしゃべりしながら、歴代スター選手を覚えます「長嶋茂雄」「野村克也」……観戦したりニュースを見たりして、有名選手も覚えます「内村航平」「錦織圭」……。


話しかけられて、テレビ内容がわからん~っていうこともしばしば。忙しい時はちょっと大変ですが、できる範囲で付き合ってあげると面白いくらいどんどん漢字を覚えてくれますよ!


最近は、ほとんど読めるようになってしまったので、「なんて読むの?」と聞かれることが少なくなりました。その代わりに、有名選手の出身地や身長など、豆知識を私に教えてくれるようになりました。ちょっと驚いたのは、物まね。お気に入りの力士や選手のくせや仕草など、しっかり覚えて、まねることができます。子どもの好きなものに対する熱意ってすごいです!




学校で習う漢字の順番通りにはなりませんが、細かいことにこだわらず好きなものから漢字を覚えると漢字そのものが好きになってもらえるかもしれません。是非、試してくださいね。