小学生が自学で学んで、最短で身に付ける!ことわざ・慣用句・四字熟語の学習法


小学生3年生から4学年年生にかけては、熟語などの語句の使用が増えてくる時期でもあり、学校でもことわざや慣用句、四字熟語、故事成語などの学習が始まります。


学習指導要領によると、以下のことが指導内容に含まれています。
理解したり表現したりするために必要な語句の量を増し、慣用句や四字熟語などについて理解を深め、話や文章の中で使うとともに、和語、漢語、外来語などを使い分けることを通して語感を磨き語彙を豊かにすること。


確かにこのような語彙が増えると、言葉から受ける感じやイメージ、言葉の持つ印象など、言葉の感性が磨かれていくことが実感できるのは、経験的に知っています。


また、長い間使われてきたことわざや慣用句、故事成語などの意味を知ることで
先人の知恵や教訓、機知に触れることができる。これらの言葉の意味を知り、日常生活で用いるようにすることが大切である。


学習指導要領なので、とてもフォーマルな文章で丁寧に説明されていますが、カジュアルに意訳すると”普段使い出来るくらい親しんでね”ということですね。


とはいえ、小学生が覚えなくてはならないことわざや慣用句、四字熟語、故事成語は、相当な量のようです。学習指導要領に具体的な数などは記載されていないのですが、日常生活でよく使われているのは、ことわざだけでも1000個以上とか。また、中学受験用の参考書では、覚えておくべき四字熟語100選とか300選とかいう本が出版されています。確かな数は不明ですが、結構な数を覚えなければならないようですね。


どうすれば日常で使えるほど理解を深めてくれるでしょうか?


こちらでは、楽しくことわざ・慣用句・四字熟語が学べる方法を紹介しています。




小学校学習指導要領(平成29年告示)


小学生が日常生活からことわざ・慣用句・四字熟語を習得することは可能?


ことわざ・慣用句・四字熟語って、日常生活でもよく目にしますよね。ポケモンの主題歌にもたくさん四字熟語が入っていますし、お気に入りの漫画や本にもことわざ、慣用句が使われています。


日常生活から、ことわざ・慣用句・四字熟語を自然に身に付けることは可能なのでしょうか?
我が家のことを紹介します。


うちの子の場合、小学生の好奇心を刺激して、漢字力・語彙力をぐんぐん伸ばす方法の紹介のページで紹介したように、漢字はほとんど日常生活で触れるものから覚えてくれました。もちろん学校で習う部分も大きかったと思います。


そのため、最初は、漢字と同じように、日常生活の中で自然に身に付ければいいかと思っていました。


しかし、、、


ある日、替え歌をつくって、「~懐が寒い~。」なんて歌っています。
「えー、懐が寒いなんてよく知ってるね。いつ覚えたの?」
「織田信長の草履を豊臣秀吉が懐で温めていた時だよ、懐が寒かったんだよ。」
………それ、違うからね(親)。


「そういうのは、○○ちゃんに花を持たせておけばいいよ。って意味わかる~?」
「……??」
……………苦笑(親)。


なんていうことが続きました。本が大好きで、よく読んでいるうちの子ですが、本や日常生活から自然に覚えているわけではなく、勘違いしたまま素通りしているということがよくわかりました。



日常生活からことわざ・慣用句・四字熟語を習得することは可能?
結論→我が家の場合はダメでした(笑)。



そこで、少しは教えてあげようということになりました。使うたびに説明してあげるというのもアリですが、日常的に使うものは数が限られています。また、ことわざ・慣用句・四字熟語は、丸暗記ではなく、どうしてそんな意味になるのかを知り、どのように使うかを身につけなければなりません。


そこで、背景をイメージしやすく、意味、使い方まで体系的に覚えられる漫画で身につくシリーズを買ってあげることにしました。しかも、こういうことわざならことわざを、慣用句なら慣用句をまとめて掲載されているものを活用すれば、短期間に集中して学習できるという利点もあります。


目に付くところに置いておいたら、喜んで読み始めました。子どもって、面白いことには、抜群の集中力を発揮します。あっという間に読んでしまいました。



人は、一回読んだだけではすぐに忘れてしまうものです。記憶に定着させるには、完全に忘れる前に、復習をして思い出すことが必要。これを何度か繰り返すことによって記憶が定着していきます。反復学習という意味でも漫画の効果は抜群。漫画そのものが面白いので、何度も繰り返して読んでくれます。時には、面白いページを選んでお父さんとお母さんに見せにきてくれることもありました。人に教えるとさらに記憶に定着します。



実際の生活の中でも覚えたことわざや慣用句を使うようになってきて、語彙が豊かになったように感じます。日常的に使ったりしていると記憶に定着しますので効果も倍増です。


当時の我が家では寝る前の漢字クイズをするのが習慣になっていたのですが、ことわざ、慣用句、四字熟語クイズが追加されることになりました。親としては、難しくもなく簡単でもないちょうどいい難易度の問題を出題するというプレッシャーが課されてしまいましたが、子どもにとっては、楽しく身についてきていることは確かなようです。



楽しく語彙が増やせる本はたくさんありますので、是非お子さんがお好きなものを選んであげてくださいね。




子供向け 四字熟語 ことわざ 慣用句




小学生におススメ【まんがで学習 ことわざ事典】


日常生活からだけでたくさんのことわざを覚えるのは難しいことがわかりましたので、我が家では、うちの子にことわざを覚えてもらうために、下記の本を買いました。



二年生のときに購入しました。
お父さんが昔大好きだった本。何度も何度も繰り返し読んでいたら、いつのまにかことわざをたくさん覚えていたそうです。お父さんが、「面白いと集中して読んで覚える」、「繰り返して読むから定着しやすい」ということを経験から学んだ本でもありますね。


この本によると日常生活でよく使われていることわざは1000個以上もあるそうです!


漫画が昭和ぽくって、親世代には安心感があります。子どもにはどうかなーと思っていましたが、見つけたらすぐに夢中で読み始めてくれました。


クスッと笑える楽しい四コマ漫画でことわざが説明されています。漫画に淡いカラーがついているのがいいですね。元気くんというちょっとサザエさんのカツオくんっぽいキャラが中心になっています。うちの子は、元気くんがお気に入り。
「元気くんはね…………」
とよく話すので、最初友達かと思っていました。


漫画以外にも、動物を使ったことわざ、とか、猫を使ったことわざ、とかまとめて説明してくれるページもあったりして、勉強になります。


何度も繰り返して読んでくれていたのですが、私が掃除のときに、子供部屋の本棚にしまったら、忘れられてしまいました。リビングに、子ども専用の本棚を買うことにしました。繰り返し読んでもらいたい本は、普段から目の届くところに置いておくことをお勧めします。



まんがで学習 ことわざ事典 (1)



小学生におススメ【ちびまるこちゃんのことわざ教室】


日常生活からだけでたくさんのことわざを覚えるのは難しいことがわかりましたので、我が家では、うちの子にことわざを覚えてもらうために、下記の本を買いました。


四年生の時に購入しました。
お母さんが小さいころ大好きだったちびまる子ちゃんが、ことわざ教室の本で登場していました!


既に紹介した【まんがで学習 ことわざ事典】と同じくことわざの本です。同じことわざの本なんて、同じようなことが書いてあるだけじゃないの?と思い、それならもっと別の本を買った方がいいかなと思っていましたが、お父さんからその考えを否定されました。


我が家のお父さんが勉強するときの方法ですが、例えば、何かを身に付けようと思ったら、同じようなことが書いてある本を何冊が買って勉強するそうです。一冊の本だとその本の内容の範囲でしかわからなかったことが、何冊か読むと、同じことをちょっと違う視点で書いていたり、全く新しいことが出ていたり、1冊では見えなかったより幅広い知識を知ることができるというメリットがあるそうです。


確かに言われてみるとその通りですね。ことわざの本にも同様のことがいえるかもしれません。


特に、ちびまるこちゃんの本なので、漫画自体が面白い!子どもが飽きないで学べる、違う本で反復練習ができるというメリットもありそうです。


元気くんとまるこちゃんの2種類のことわざの本で反復練習すれば、ことわざもしっかり覚えられそうです。


面白ければ、同じような本を何冊買っても無駄にはならないかもしれません。





ちびまるこちゃんのことわざ教室





【ちびまるこちゃんの慣用句教室】


日常生活からだけでたくさんの慣用句を覚えるのは難しいことがわかりましたので、我が家では、うちの子に慣用句を覚えてもらうために、下記の本を買いました。



四年生の時に購入しました。
お母さんが小さいころ大好きだったちびまる子ちゃんの慣用句教室です。

さすがさくらももこさん、ちびまる子ちゃんワールド全開の楽しい本になっています。慣用句の本というだけでなく、ちびまる子ちゃんの四コマ漫画としてもとっても面白いです。

もちろん、意味や使い方、類義語となる慣用句までわかりやすくまとめられています。さらに、慣用句の中に詰まっているこれまでの人々の知恵や歴史的背景についてもわかりやすく解説してくれています。
 
話しかけても返事が返ってこないくらい夢中で読んでいました。





ちびまる子ちゃんの慣用句教室




【ちびまるこちゃんの四字熟語教室】


日常生活からだけでたくさんの四字熟語ことわざを覚えるのは難しいことがわかりましたので、我が家では、うちの子に四字熟語を覚えてもらうために、下記の本を買いました。



四年生の時に購入しました。


慣用句の本と同様、とても面白く、子どものお気に入りです。
内容も意味や使い方、類義語となる四字熟語までわかりやすく解説されています。






ちびまるこちゃんの四字熟語教室




【親子で楽しむ こどもの論語】


論語とは孔子の名言集です。「論語」にある孔子の名言は、「子曰く(先生はこうおっしゃった)」から始まります。


時代も場所も超えて、人間のいいところ、情けないところなど、人の本質が鋭く指摘されていてとても勉強になります。子どものうちにたくさん覚えておいてほしいですよね。


難しい内容にもかかわらず、言葉のリズムが良くて、覚えやすいのも特徴です。ぜひ、声に出して読んで、内容だけでなく言葉のリズムを味わってほしいと思います。


おススメなのは、こちら。


「親子で楽しむこどもの論語」です。



代表的な名言が、大きな文字で書かれています。解説付きで、とても分かりやすい。CDも付いているので、文字を読む前からでも、楽しく聞いて覚えられます。実際、うちの子が一番聞いていたのは、年長さんのころ。自分くらいの小さな子どもが暗唱しているので、なんだか気になっちゃうらしく、聞きたいってよく言われていました。


歌もそうですが、子どもって大人よりも子どもが歌っている歌の方に興味を示しますよね。暗唱している“声”って結構重要なポイントになるようです。


またおススメの再生法は、グーグルホームアプリ。設定しておけば、「OK、グーグル、論語をかけて」の一言で再生してくれます。滑舌が悪い幼稚園のころはちょっとグーグルさんに認識してもらうのが難しいことがありますが、小学生になると大丈夫になりました。子どもが聞きたいとき、寝る前の暗闇の中からでもいつでも「OK、グーグル……」で再生です。





こどもの論語