小学生が日常生活からプログラミング的思考力・論理的思考力を養う方法


子どもって日ごろの経験からいろんなことを吸収していきます。


うちの子は工作が大好きで、家庭でのサポートをどうしてあげればよいのか考えていたことがあり、実際に小学校の専科の先生に相談させていただいたことがありました。創造力って、一見創作活動とはまったくかけ離れた日常の経験からも鍛えられるそうです。いろんな経験をたくさんさせてあげてくださいっていうアドバイスをいただきました。


子どもが日常生活から学ぶのは、創造力だけでなく、自立心、主体性、協調性、チャレンジ精神、責任感など……。論理的思考力、プログラミング的思考力を鍛えることもできそうですね。


学習指導要領で説明されているプログラミング的思考とは、「相手にわかるように、自分の意図を分解したり、組み合わせたりする」ことを繰り返し、「試行錯誤しながらゴールを目指す」ことができる考え方。


そこで、小学生の日常生活の中から「相手にわかるように、自分の意図を分解したり、組み合わせたりする」「試行錯誤しながらゴールを目指す」ことができる経験について探してみました。




こちらで紹介しているのは下記の内容です。


小学生☆大好きなスポーツでプログラミング的思考を伸ばす
小学生に大人気☆スポーツゲームでプログラミング的思考を伸ばす
小学生におすすめ☆アナログゲームでプログラミング的思考を伸ばす





小学生☆大好きなスポーツでプログラミング的思考を伸ばす


小学生に人気のあるスポーツとして、バスケットボール、サッカー、野球、ラグビーなどがあげられます。うちの子をはじめ、周りのお友達もこれらのスポーツクラブに入会している子がたくさんいます。


団体スポーツって、実は、論理的な思考力が必要とされますよね。例えば、バスケットボール。ボールを受けて“味方にパスする”OR“ボールをパスせず、ドリブルでゴールを目指す”。状況判断によりこの選択が行われます。味方の場所、敵の場所、ゴールまでの距離、さらには、敵と味方の得手不得手など全体の状況を分析し、一番いい選択肢を選んでいます。

「自分の意図を分解したり、組み合わせたりする」「(バスケットボールの場合)命令はパス/声掛け/アイコンタクトで行う」「試行錯誤しながらゴールを目指す」。プログラミング的思考にそっくりです。


試合中は、このような状況判断の繰り返しですから、どんどん「物事を論理的に考える力」がついていきますね。


スポーツに大事なのは、状況判断までのスピード。プログラミングでじっくり考えるのもいいですが、スポーツで論理的思考の“瞬発力”が鍛えられるかもしれません。






小学生に大人気☆スポーツゲームでプログラミング的思考を伸ばす


私みたいに、スポーツで体を動かすのが苦手な人もいます。そんな場合は、ゲームでスポーツをするというのもいいですね。下記に、子どもに人気のスポーツゲームの一部を紹介しました。



バスケットボール
NBA 

野球
実況パワフルプロ野球 
プロ野球スピリッツ 

サッカー
FIFA
ウイニングイレブン

サッカー&カーバトル
ロケットリーグ

ゴルフ
みんなのゴルフ



プログラミング教育は、ゲームと密接に結びついている分野なので、ゲームをやっているだけで、自然に論理的思考力が養われていきそうです。ゲームばかりしてないで、もっと勉強しなさい!っていうのはもう古いのかもしれませんね。






小学生におすすめのアナログゲームでプログラミング的思考を伸ばす



ゲームは論理的思考の積み重ねで勝敗が決まります。特に、将棋、チェス、囲碁は論理的思考力が養われると昔からいわれていますよね。確かに、理詰めでものを考えるのが得意な人はどんどん強くなっていくようです。


いろいろ子どもに勧めて見たところ、うちの子は将棋が一番合っていたようです。


最初に興味を持ったのは、小学校に上がったころ。当時漢字が流行っていたので、小さな駒に格好いい漢字が書いてある駒に興味を持ち、駒の並べ方を、あっという間に覚えてしまいました。それから少しずつルールを覚え、現在は、お父さん、おじいちゃん相手に将棋をしています。




強い羽生さんにあこがれています。
お父さんもおじいちゃんも趣味で将棋をする程度。本格的に教えるのはちょっとむずかしいので、羽生さんの本を頼りにしています。


藤井棋士の登場で、人気も上がっているようですね。将棋は生涯楽しめるゲーム。楽しんで続けてくれたらと思います。




羽生善治 こども 将棋