小学生が身に付けるべきプレゼンテーションスキルとスキルアップ術


小学校学習指導要領(文部科学省)によると、小学生で学ぶべきパソコンの基本操作は、合計8つあります。普段パソコンを使っている人だったらできる基本操作ですが、小学生にとっては初めてのことなので一つずつ理解していく必要があります(小学校でのパソコン、プログラミング・身に付けるべきスキルとは?)。


そのうち、手段を適切に活用して調べたものをまとめたり発表したりする学習活動、つまりプレゼンテーションについてはその8番めに記載されています。


【小学生で学ぶべきパソコンの基本操作】
1) 学習活動を円滑に進めるために必要な程度の速さでのキーボードなどによる文字の入力(=タイピング)
2) 電子ファイルの保存・整理
3) インターネット上の情報の閲覧
4) 電子的な情報の送受信や共有など(=メールの基本操作)
5) 文章を編集したり図表を作成したりする学習活動
6) 様々な方法で情報を収集して調べたり比較したりする学習活動
7) 情報手段を使った情報の共有や協働的な学習活動
8) 情報手段を適切に活用して調べたものをまとめたり発表したりする学習活動


ビジネスにおいても、プレゼンの能力は必須です。一方で、プレゼンって結構高いスキルを必要とするものです。練習しないとなかなかスキルが上がっていきません。

それでは、小学生では、どれくらいのプレゼンの経験を積んでおけばよいのでしょうか?


こちらでは、小学生のプレゼンのスキルについてまとめています。




小学生が身に付けるべきプレゼンのスキルとは?
小学生・プレゼンの練習法
小学生・プレゼンテーションスキルアップ講座の紹介

小学生が身に付けるべきプレゼンのスキルとは?


ビジネスにおいても、プレゼンの能力は必須ですよね。一方で、プレゼンって結構高いスキルを必要とするものです。練習しないとなかなかスキルが上がっていきません。

それでは、小学生では、どれくらいのプレゼンの経験を積んでおけばよいのでしょうか?



まず、参考にしたのは、文部科学省の「教育の情報化に関する手引」(文部科学省)」。


「教育の情報化に関する手引」は、今回の学習指導要領の改訂に対応して作成された、先生や学校など指導者側がみる手引きです。情報教育の目標となる「情報活用能力」とは具体的にどのような能力であるのか、またそれらの能力を子どもたちに身に付けさせるために何をすればよいのかについて解説されています。ただし、文部科学省のHPには、”教育の情報化に関する情報は、文部科学省から随時発信していますが、学校を取り巻くICT環境は急速に変化しています。学校設置者における担当者の皆様におかれましては、本手引の情報に限らず引き続き注視願います。”との文言もあり……今後どんどん追加変更される可能性もありますし、なんだったら、もっと適切な指導法があったらそっちにしてくださいと言っているようにも思えます。


とにかく手引きの目標を見てみましょう(「教育の情報化に関する手引き」第2章 情報活用能力の育成)。こちらの資料では、児童生徒の発達段階をイメージして5 つの段階で示されています。


小学生では、ステップ3まで。
(ステップ4と5が、中学生と高校生ですが、こちらでは省略しています。)


ステップ 1 (小学校低学年):相手に伝わるようなプレゼンテーションの方法
ステップ 2 (小学校中学年):相手や目的を意識したプレゼンテーションの方法
ステップ 3 (小学校高学年):聞き手とのやり取りを含む効果的なプレゼンテーションの方法


一方、「教育の情報化に関する手引」作成検討会の会議資料 によると、


「教育の情報化に関する手引」作成検討会の会議資料によると



3年生では、“写真を示しながら自分の考えを発表できる”
4年生では、“写真に文字を加えてプレゼンにまとめ発表できる”
5年生では、”アイコンタクトを取りながら相手にわかりやすくプレゼンで発表ができる”
6年生では、”様々な発表形式から自分に適した方法を選び効果的に発表できる”


どちらの資料からも、小学生においても、高度なプレゼンテーションスキルが求められることがわかりました。これができれば社会人としても一人前ですね。


うちの子によると、学校でもプレゼンテーションに力を入れているようで、Power Pointの学習などを進めているようです。小学生のうちから、学校でプレゼンの学習をする機会がもらえるだけでありがたいですね。頑張って練習して、少しずつ上手になってほしいと思います。





「教育の情報化に関する手引」(文部科学省)
「教育の情報化に関する手引」作成検討会の会議資料 (文部科学省)




小学生・プレゼンテーション練習法


うちの子によると学校でもプレゼンテーションに力を入れているようで、Power Pointの学習などを進めているようです。ただ、残念ながら、Power Pointでの学習ができる機会は、月に数回程度。


あるテーマについての情報をまとめ、自分から発信するというのは、かなりの訓練が必要。何度もプレゼンを経験している大人だって、初めての内容の場合はかなり練習をするものです。


それでは、小学生にプレゼンの練習ってどのようにすればよいのでしょうか?


私の場合、仕事でプレゼンの準備をするの手順を考えてみました。

1.概要を整理する(ノート、Word、なんでもOK)
2.発表スライドをつくる(Power Point)
3.原稿を作成して暗記する(Word)
4.プレゼンの実演練習をする(Power Point)
5.実演練習をもとに原稿を修正
3,4,5を何度か繰り返した後、本番。


考えてみるとなかなか大変な作業です。


発表スライドを作るのも大変です。Power Pointで作らなくても、写真を使ってプレゼンするって方法もありますが、概要整理や原稿準備・暗記……道のりは遠いですね。


ビジネスで行っているような一連のプレゼン作業にしてしまうと子供への負担が大きくなってしまうので、以下の二つの作業に分けるという練習方法を思いつきました。

●話す
●資料作成


例えば、”話す”のテーマが、”好きな食べ物”であれば、好きな食べ物について話す内容を考え、発表を行いますが、スライドは作成しません。


また、資料作成のテーマが”地域の観光名所”であれば、観光名所の紹介用のスライド作成をPower Pointで行いますが、話す内容までは考えません。


我が家の場合、資料作成の訓練は問題ありませんでした。うちの子は、なぜかPower Pointが大好きで、暇があればパソコンを出してきて自主的にスライドを作成するほどです。出来上がると見せてくるので、見せてくれた時にアドバイスをして資料を修正してもらっています。


これまで修正したポイントは、

×詰め込みすぎ
×図を見てもどこが大事なのかわからない(例えば、WEBから取ってきた地図が張り付けてあるだけで、目的地がどこかわからない)
×写真とその説明文が離れている。
×強調したいポイントが見ただけではわからない。
×単語が途中で改行されており、一目ではわかりにくい。


以上のポイントを下記のように修正してもらいました。


〇スライド中の文字を多くしない。すっきりと簡潔に。
〇WEBから取ってきた地図や写真には、矢印や丸印をつけて、わかりやすくする。
〇関連する事柄は、スライド内でもまとめて表示する。
〇大切なポイントは、文字を大きくしたり、色をつけたりして目立たせる。
〇改行は、単語や文章の区切りを意識する。


一朝一夕にはいきませんが、少しずつ見やすい資料作りの練習を続けてほしいと思っています。



一方、”話す”ことについては、練習するきっかけを見つけられないでいました。話す内容の課題を与えることはできても、家で発表練習を!というと正直難しいものがあります。子どもが、なかなかやってくれるものでもありませんよね。


どうしようかと困っていたら、学校でもプレゼンの練習をしていることがわかりました。課題は“わたしのお気に入り”、“わたしの子どものころ”などなど。


自分の宝物の写真や子どものころの写真をみんなに見せながら、紹介するというものです。時間は5分程度。定期的に順番が回ってきています。うちの子の場合、発表をするのも聞くのも楽しいみたいで、お家ではりきって原稿を作ったり、お友達の発表内容を教えてくれたりします。


また、部活動でも自分の目標を発表する機会があります。


そこで、外で見つけてきてもらった発表する機会を大切に、お家ではその練習のお手伝いをすることにしました。


例えば、テーマが今年の目標なら、発表原稿をまとめる手順に沿って作成してもらい、練習をしました。
手順は下記の通り。


目標として思いつくものを全て箇条書きにする

優先順位をつけて並べる

優先順位の高い方から何番目までを発表するか決める

発表したい内容を簡潔にまとめる

原稿作成

発表練習


発表してみると意外な発見があり、原稿を修正したくなるものです。こういう一連の流れも経験しておいてほしいと思っています。こういう小さな積み重ねを続けて、聞き手のことを考えながら、わかりやすく伝える力を身につけていってほしいと思います。




小学生・プレゼンテーションスキルアップ講座の紹介


本格的にプレゼンの練習をさせたいという方は、専門的に教えてもらえる講座を利用するのもいいですね。


家で本気でプレゼンテーションといっても家族相手ではなかなか本気で取り組めないもの。こういう講座を利用すれば、プレゼンテーションについて本気で考えて実践するという貴重な機会が得られます。


下記に小学生におススメのプレゼンテーション講座を紹介します。


【Kids PresenStation】小学生向けオンラインプレゼン教室

「社内プレゼンの資料作成術」「プレゼン資料のデザイン図鑑」などプレゼン関連書の著者が監修する小学生向けオンラインプレゼン教室「Kids PresenStation」が2020年10月にスタートしたそうです。開講は、論理的思考が身につく”ベーシッククラス”、パワーポイントの操作方法を学ぶ”パワポマスタークラス ”の2つのクラス。月2回 ・全6回で月2回開催3ヶ月集中講座です。


対象:小学校4~6年生
料金:入学金2万円+月謝1万円×3ヶ月=5万円(税抜)
【ベーシック、マスターの両方を受講の場合 】入学金2万円+月謝2万円×3ヶ月=8万円(税抜)






【Tech Kids CAMP】小学生向け短期プログラミング講座☆最終日にプレゼンテーションあり



Tech Kids CAMPは、短期集中型プログラミング学習ワークショップ。
サイバーエージェント、IT企業が運営する本格的なスクール「Tech Kids School」が企画・運営しています。「Tech Kids School」は、小学生向けプログラミングスクールとして7年間の歴史を持っています。




プログラミングに挑戦するだけでなく、最終日の発表会ではみんなの前で全員が作品のプレゼンテーションを行っているそうです。プログラミングだけでなく、プレゼンテーションの演習もできるのがいいですね。


公式HPキャンプの様子も掲載されています。メンターさんは研修を経た大学生、大学院生など、若いスタッフの方が中心で、とても楽しそうな雰囲気。


短期型対面講座「Tech Kids CAMP」は、毎年夏と冬に東京と大阪での開催されています。



詳細はこちらにまとめていますので、ご興味のある方はご覧ください→【Tech Kids School】ゲーム・アプリの開発者になりたい小学生おススメ・本格的なカリキュラムで学べるプログラミング講座






小学生向けオンラインプレゼン教室 Kids PresenStation



小学生向けプログラミング【テックキッズスクール】