家庭で実践!!書道教室に通わずきれいな字を目指す!小学生のための習字練習法~低学年編~


小学校3年生になると学校でも毛筆の授業が始まります。毛筆で綺麗な字を書いている子はたいてい書道教室に通っている子なんていうイメージはないでしょうか?


家庭でもちょっと一工夫加えて効率的に練習をすれば、習字を上達させることは十分可能です。こちらでは、家庭でできる効果的な習字の練習法を紹介しています。





毛筆で綺麗な字を書くためには練習!!子ども嫌にならない家庭でできる練習法とは?


毛筆で綺麗な字を書くためには練習が必要です。 それとなく、お習字習ってみたい?って聞いてみたもののやはり答えはNOでした。 家庭で何とかするしかありません。 書道教室に通ってない場合、習字の練習量は圧倒的に少なくなります。 普段は鉛筆を使用しており、書道の宿題がでることはありません。せいぜい学校の書写の時間、週に1,2時間練習する程度です。この練習量でうまくなることは難しそうです。  

かといって、毎日すごい勢いでお外に遊びに行ってしまううちの子がコツコツ字の練習するなんて想像できません。そこで、ちょっと時間に余裕がある長期休み、夏休みと冬休みなどに練習してはどうかと考えました。


2年生のときは毎日練習帳で頑張ったよね?頑張ったから、字が上手になって賞状がもらえてよかったね。2年生の時みたいに練習を頑張ったら、3年生の書初めでも賞状がもらえるかも!!! と言ったら、夏休みからお習字の練習を始めるって言ってくれました。  


昔私は、書道教室で毎回10枚書くということが課せられていたので、子どもにも同じようにしようと思っていました。しかし、 練習しすぎるのはかえって逆効果だとおばあちゃんからアドバイスをされました。

おばあちゃんはずっと習字を習っていて、今でも練習を続けているのですが、おばあちゃんでも書くのは一日1枚か2枚。なぜなら、 本気習字”は、一日1枚、多くても2枚が精いっぱいなんだそうです。 それ以上は、集中力が続かず、何度書いても満足する字が書けることはないそうです。


大人でも大変なんだから、子どもにたくさん練習なんてとんでもない。嫌になる前にやめるべき。だって、嫌な気持ちでいい字なんて書けないんだから。ということでした。 なんだか、ものすごーーーーーく説得力があります!!!

(1) お手本を見て、清書のつもりで書く。(1枚目)

(2) お手本と自分の書いた文字を見て、次の課題を見つける(ああ、ここが長すぎたなとか、短かったなとか、改善ポイントをいくつか見つけます)
*子供やる気がなくなったら、ここでやめます。「〇月〇日の清書」として保管。課題は次の日に持ち越し。

(3) お手本を見て、改善ポイントに注意して、清書のつもりで書く。(2枚目)

(4) お手本と自分の書いた文字を見て、次の課題を見つける。課題は、次の日に持ち越し。


(5) 一枚目と二枚目でどちらかいい方を「〇月〇日の清書」として保管。

以上がおばあちゃんから教えてもらった練習法です。 繰り返したら繰り返しただけ上手になっていくとのこと。 「〇月〇日の清書」を順番に並べてみたら、上達していくのがわかるから!!だまされたと思ってやってみて!!! とのこと。


夏休みは、おばあちゃんの方法を実践してみることにしました。理想的には毎日練習ですが、これは結構難しかった……。そこで、できる日に、1枚か2枚書くという練習をしました。


おうちでお習字練習を開始したのは3年生の夏休み。 まずは、留め、はね、はらいなどの基礎練習。 ひらがなの練習は、まず『し』からはじめました。それだけではちょっと飽きるので『お』とか『よ』など、ちょっと難しいひらがなの練習もしました。



練習を始めた日の「よ」です。弱弱しくて、形もあんまりとれていません。



練習後の「よ」です。書いた字を写真で送ったら、堂々とした字になったとおばあちゃんが喜んでくれました!!



漢字の練習もしました。その結果がこちらです。練習を始めた日の「力」。線も弱くて、留めもあんまり ぜんぜん力が感じられない「力」です。



練習後がこちら。 「力」ぽい字になってきました。



一日の練習は、量より質。 一日一枚でよいので子供が「きれいに書こう!!」という意欲を持って練習することが重要です。うちの子のようにお習字が苦手な子でも一日一枚か二枚であれば、頑張ってくれるようです。そのためにも、 練習したら、とにかく褒める、褒める。特に低学年のうちは、花丸やよくできましたシールなども効果的。もし可能なら、おばあちゃんのように親以外のアドバイザーとか褒める担当がいるとさらに理想的です。


こちらで紹介した方法は、 一日当たりは短時間で集中練習を行い、 トータルの練習量は日数を重ねることで増やすことを目指します。集中して練習した15分は、だらだらした1時間練習よりも効果的。例えば、効果的な一日15分の練習を10日行えば、密度の濃い150分練習が確保できます。


また、おばあちゃんのアドバイス通り「〇月〇日の清書」を順番に並べてみたら、日々どんどん上手になっていることが目に見えてわかります 上手になったという実感で子供のやる気がアップしますので、一日一枚の清書は是非保管しておいてくださいね。


この練習方法は、かなり効果的で、なんと小学校3年生の時に書いた書初めがクラスの代表として、地域の文化会館に飾られることになりました!!目標だった賞状がもらえて、子どもも満足、おばあちゃんも大喜びでした。 今後も賞状を目指したい!と、長期休みのたびにお習字の練習を頑張ってくれています。



目標があると子供のやる気がアップします。そのためにも、学校での書初めなどの出展を目指すというは良い方法ですね。


しかし、残念ながら、書初めは年に一回だけ。学校だけでは物足らないという方には、習字の専門雑誌【学年習字】をおススメします。


【学年習字】では、課題を提出すると 段級位が認定&誌上で名前が発表されます。 上達の度合いが客観的に評価され、目に見えれば、子供のやる気もアップすること間違いなしです。


文部科学省の書写教育に沿った内容なので、学校の書初めにも大いに役立つことと思います。


課題の提出は強制ではなく、子供やる気アップと上達のためのものですので、忙しいお子さんでも無理なく続けることができます。しかも、1年間続けても一般的なお習字教室の1か月ほどというお値打ち価格。おススメです。



お子さんの文字がぐんぐんキレイになる!!【学年習字】硬筆&書道対応