【小学生・初心者向け】おススメの筆はあるの?書道を始めるための道具選び・お手入れについても解説 


習字のおけいこしていない場合でも、小学校3年生になると学校でも毛筆の授業が始まります。書道初心者の小学生には、どのような筆を使ったらよいのでしょうか?また、筆以外にも必要となる書道の道具はどのようなものを準備したらよいのでしょうか?


”子供にとって使い心地が良いもの”で”お手頃価格”がベストなのですが、一般的な文房具などと違って、書道用具は購入前に気軽にお試しすることができません。そういう時には、実際に使っている人のアドバイスがとても参考になります。我が家では、習字のベテラン、おばあちゃんに助けてもらって書道の準備をしました。


そこでこちらでは、我が家で使っている筆、書道の道具を紹介しています。あわせて、お手入れ方法についても解説しています。




小学生におすすめの書道用の筆を紹介


3年生から書道の授業が始まります。道具を揃える時に一番悩むのが”筆”ではないでしょうか?


小学校で、まず準備する筆は、 半紙用の大筆と小筆の2本。書初めなどの課題がある場合は、書初め用の太筆などを使うことがあるかもしれません。


小学生・準備する筆・まとめ ①書道の基本:半紙用の大筆
②書道の基本:名前用の小筆

③書初めなどにつかう太筆(課題によっては使わない場合もあります。購入前に先生に確認するとよいでしょう)


筆は、ピンからキリまでありますが、小学生用の筆としてはどのような筆が適切なのでしょうか? 小学生が初めて使う筆はそこまで高価なものでなくても良いと思いますが、あまり安い筆は正直言って書きづらく頑張っても上手に字が書けません。弘法筆を選ばずですが、初心者の子供には書きやすいものを選んであげたいですよね。


どのような筆がよいのでしょうか?


サイズについて
書道で使われる筆のサイズは、一般的に「号」で表示されます。小学校では、半紙用の大筆としてだいたい3~5号くらい、名前用の小筆として8号くらいを使うことが多いようです。ただし、号数を表記しないメーカーもあったり、同じ号数でも、メーカーによって規格が違う場合があります。また、「号」は太さの規格であって、筆の穂の長さは関係ありません。穂の長さは、長さによって、長鋒、中鋒、短鋒に分けられます。


毛質について
毛筆には、毛質による違いもあります。柔毫筆は、ヤギの毛など柔らかい毛で作られたもので、剛毫筆は、馬やタヌキ、イタチの毛で作られるもので、固くて茶色っぽい色をしています。また、柔毫筆と剛毫筆を混ぜた兼毫筆という筆もあります。


筆には、サイズ(太さと長さ)や毛質など、考慮すべきところがたくさんあって、選ぶのがとても難しいです。初めて筆を購入する時は、詳しい人に”コレ”というおススメを教えてほしい!!と思ってしまうのが正直なところではないでしょうか?


私の場合は、習字のベテラン、おばあちゃんに助けてもらって筆を準備しました。ご参考までに我が家で使っている筆を紹介します。


小学生におすすめ・書道用の筆 書道の基本:半紙用の大筆&名前用の小筆


半紙用の大筆として準備したのは、日本習字の”小学観峰”です。穂を短めにして腰を強くしているので、太くて元気のある線が出るとのこと。幼児、小学生半紙課題用の筆として販売されています。わたしも小学生のころ使っていました。値段も1000円ちょっとでお手頃です。



小筆は、おばあちゃんが自分用に買っていたものです。書きやすくておススメということで、新品を譲ってくれました。広島筆産業株式会社さんの”りんどう”という小筆です。サイズは、8号。


広島筆産業株式会社は、広島県安芸郡熊野町にある会社で、書道筆の他、化粧筆、工業用筆などの筆類全般の製造販売を手掛けている創業150年の老舗です。


ちなみに、広島県熊野町は、全国生産量の80%の筆を生産する日本一の筆の産地。この地域でつくられる筆は総称して「熊野筆」と呼ばれています。毛質や穂のきめ細やかさ、軸の形が群を抜いている熊野筆は、水含みもよく書き心地が抜群と評判です。


広島筆 書道 細筆 りんどう


小学生におすすめ・書初め用の太筆&名前用の小筆


書初めするなら、これ!!!と言っておばあちゃんが日本習字の”大字観峰”をプレゼントしてくれました。堂々とした字が書けるよう、太くて腰の強い毛を使用しているそうです。最初は、大筆とそんなにちがうのかな?こんなに太いの使うのかな?なんて思っていたのですが、これが、書初めで大活躍しました。書初めなど大きな字を書く場合は、こういった太筆が最適です。文字の印象がぐっと変わります!こちらの太筆は2千円強。


ただし、学校で書初めがない場合、書初めがあったとしても課題によっては使わないかもしれません。ご購入の前には、学校に確認してくださいね。



同じく書初め用の小筆もあります。日本習字の”志学筆”です。おばあちゃんのプレゼントしてくれました。お正月だけなど限られた期間しか書初めをしない場合は、わざわざ書初め用の小筆を準備しなくても、半紙用の小筆だけで十分代用できると思います。小筆の出番は書初めがメインという場合におススメします。


日本習字のオンラインショップ


番外編・子供のお気に入りの大筆&2代目の小筆を紹介



低学年の時は、日本習字の小学観峰を使っていたのですが、高学年になっておばあちゃんに譲ってもらった筆を使ってみたら「使いやすい!!!」と大絶賛。軸が細くて持ちやすく、筆もなめらかな書き心地の”金鼎牌(蘇州筆)”です。メーカーなど詳細は不明なのですが、書き心地や色が白っぽいことからすると、柔毫筆かもしれません。


柔毫筆とは、ヤギの毛など柔らかい毛で作られたものです。初心者には、柔毫筆と剛毫筆を混ぜた兼毫筆が良いとも言われていますが、お子さんによっては、うちの子のように柔毫筆が好みという子もいるかもしれませんね。




こちらは、2代目の小筆。きくや筆本舗の小筆”紫”です。なんといっても紫色の塗軸が高級感があり、「習字するぞ~」という気分になります。筆がやや硬めでコシがあります。メーカーさんからは”かな用”として販売されているようですね。我が家では小筆として使っています。かためがよいというお子さんにいかがでしょうか?


きくや筆本舗さんは、明治18年(1885年)創業の大阪にある老舗書道用具店です。初心者の方にも、おすすめの値段もお手頃で書きやすい筆が販売されていますので、一度店舗を覗いてみてはいかがでしょうか?書道教室で使うのにぴったりの昔ながらの書道セットも販売されています。



習字を始める小学生に必要な習字道具とは?


うちの子は、小学校3年生になるまで習字をしたことがなかったので、道具を揃えるところから始めました。まず必要なのは、墨汁と硯と筆と半紙…などなどあれこれあります。


買うか買わないかは別にして、市販されている書道セットの中身をチェックしておくとよいと思います。書道セットには、書道バッグだけではなく、文鎮、下敷きなど様々なものがセットになっていますので、「あっこれを買い忘れていた」なんていう失敗がありません。ちなみに私は、筆巻きの存在を忘れていました。



セットの中身は、


大筆・小筆・筆巻き・すずり・墨汁・文鎮・下敷き・ケース(硯や文鎮などを収納する箱)・水差し


以上の道具がいわゆるお習字カバンに入っています。



道具セットの中に固形の墨がついている場合もありますが、小学生で使うことはあまりないと思います。我が家では購入しませんでした。お家ではおばあちゃんからもらった墨が待機していましたが、結局6年生になった今でも使ったことはありません。



私の子供のころは硯は硯石が当たり前でしたが、現在は、 硯がプラスチック製ということがあります。プラスチック製は、軽さと手入れのしやすさがメリットです。小学校で使うにはどちらでも大丈夫ですが、 長く使いたい、墨をすって使いたいという場合は硯石を選択しましょう。


我が家では、筆と硯のみ個別で購入して、後は書道セットを購入しました。作品ホルダー(半紙ばさみ)があると便利ですが、我が家では新聞紙などで手作りして、定期的に新調しています。




半紙は、基本なんでもよいと思います。うちが使っていたのは、線が入っている半紙です。6文字用ですが、もちろん4文字用も売られています。


折って線をつけてもよいのですが、うちの子はそんな面倒なことしてくれません。親が折ってあげるというのもなんだか過保護な感じになってきて、自分で練習しているという感じが薄れてしまいますしね。うちの子みたいな面倒くさがりやさんには、線が入っている半紙が便利です。



線が入っていない半紙を使う場合は、下敷きに線が入っているものを使ってもよいかと思います。


小学生 書道セット


筆の使い始め 筆のおろし方について紹介 


新品の筆は糊で固められていることがほとんどです。どこまでおろすべきでしょうか。また、どのようにおろすのでしょうか?筆の使い始め、筆のおろし方について紹介しています。

大筆・太筆の場合

漢字や書初め用の太い筆(大筆・太筆)は毛先から根元までおろすのが一般的とされています。筆全体をおろさないで使うと、太い線がでにくく、弱々しい書き方になったり、字を書いている途中で墨がなくなりかすれた字になってしまいます。


しかし、小学生・初心者の場合は、全部おろした筆をうまく使いこなせないことが多いです。そのため、指導者によって、根元までおろす、おろさないで見解が分かれているようです。まずは、学校や書道教室の先生の指導方法に従うとよいでしょう。


先生からの指導が特にない場合は、まずは半分おろして、様子を見ながら3分の2ぐらいまでをおろし、さらに慣れたら、最終的には、筆全体をおろして使うと良いと思います。お子さんと相談しながら進めてくださいね。


【太筆のおろし方】

穂先をぬるま湯か水に浸します。

毛先の方からゆっくりと優しく指の腹を使って揉み解していきます。この時に力を込めて無理やり毛を解そうとしたり、机や床などに押し付けたりすると筆が傷む原因となります。


十分に解れたらしっかりとすすぎ、穂に付着している糊を洗い落とします

水分を拭き取って、風通しの良い日陰で乾燥させます。

小筆の場合


小筆は、穂先だけ使用するため、すべておろすことはありません。穂先をどのくらいおろすかで、文字の太さや書き方が変わりますので、目的に合う長さに調節した量をおろすのが一般的です。


小学生の場合は、穂先から4分の1から3分の1程度をさばいて使うとよいでしょう。
穂先のさばいた部分を水につけて糊をおとします。水分を拭き取って、風通しの良い日陰で乾燥させてください。   


筆と硯のお手入れについて紹介 


墨は完全に乾いてしまうと水で洗う程度ではなかなか取れませんので、筆と硯は、使ったらその都度洗うようにしましょう。こちらでは、筆と硯のお手入れ方法について紹介しています。

筆のお手入れ


筆は適切にお手入れすることで長く使うことができます。使ったらその都度綺麗にしましょう。

<大筆・太筆の場合>
大筆の場合は、おろしていない筆の根元部分に水がかからないように、手でつまみながら墨を洗い流します。


大人の場合は、流水で洗ってもよいですが、子供に手入れさせる場合は流水で洗うのはとても難しいです。ペットボトルや瓶など筆を洗う専用の容器に溜めた水で洗うようにするとよいと思います。低学年のお子さんは、親が最後に仕上げを確認してあげましょう。


洗い終わった筆は、穂先を整え、風通しの良い日陰で吊るして乾燥させてください。湿った筆をそのまま放置しておくと、腐ることがありますので、必ず乾燥させてください。


<小筆の場合>
小筆の場合は洗いません。使い終わったら、水で濡らした湿らせたキッチンペーパーや使い終わった半紙(白い部分をつかう)などで穂先を整えながら墨をぬぐい取っていきます。


最後は、風通しの良い日陰で乾燥させてください。


硯のお手入れ


硯に固まった墨がこびりついてしまうと、墨を擦ることができなくなります。小学生の間は墨を擦ることはあまりないと思いますが、今後のために、適切なお手入れの方法を教えておいてあげましょう。


硯に残った墨は、キッチンペーパーや使い終わった半紙などで拭き取ります。この時、強く擦るように拭くと紙の繊維で目詰まりするので注意してください。


次に、流水に当てながら柔らかいスポンジなどで硯を洗います。タワシなどの固いもので洗うと硯の表面に傷がつくので使わないようにしましょう。洗い終わったら水分をふき取ってから十分に乾燥させます。


使い終わってから時間が経ってしまった硯は、1時間くらい水に浸してから洗うと墨が落ちやすくなります。墨がこびりついてしまった場合は、一晩つけておきましょう。その際に、バケツなどの容器にスーパーの袋をかぶせてから水を注ぎ、その中に硯を入れるようにすると容器が墨で汚れません。