【進研ゼミ小学講座/チャレンジタッチ】体験記 突然の休校にも大活躍!


大雨や暴風などによる警報がでて、急に休校なんていうのもよくあることです。特に、2020年は、緊急事態宣言で長期休校などがあり大変でした。


お外に行ってお友達と遊んではいけないけど、家でテレビばかりみているのもつまらない。どうしよう~~ってなったときに、チャレンジタッチや小学生の会員サービスが大活躍しました。


特に長期の休校では、親としても、家庭によって勉強の進み方が違うのでは?学力に差がつくのでは?と心配になることもあったのですが、そういった時も、進捗や学力を計るためのバロメーターとして進研ゼミ小学講座・チャレンジタッチがとても活躍してくれました。


だらだらと時間をつぶすことなく、メリハリや楽しみが増え、しかも勉強にもなる進研ゼミ小学講座・チャレンジタッチ。


こちらでは、突然の休校時に我が家で進研ゼミ小学講座・チャレンジタッチをどのように活用していたのかについてまとめています。


【進研ゼミ小学講座】


チャレンジタッチは繰り返し学習が何度でも!しかも簡単!


チャレンジタッチは、繰り返し学習が簡単にできるようになっているのがメリットです。
データをクリアすれば、反復学習が容易に可能で、消しゴムいらずです!



レッスン中の全ての問題が正解だと赤の花丸がもらえます。




レッスン途中で、問題を間違うと、最後にやり直しになります。正解になるまで、やり直すと青の花丸がもらえます。


赤であれ青であれ一度、花丸がついたセクションは、次に開くと白紙になっているので、簡単に反副学習できます。


しかも青の花丸を開いて、やり直し→全問正解になると赤の花丸になります。うちの子は、青花丸を赤花丸にしたくて、時間がある時は、自主的に反復学習をしていました。




ちなみに、うちの子のログ記録はこちらです。緊急事態宣言で休校中の5月です。青い印がチャレンジタッチにログインした記録。ほぼ毎日使っていました。


『ワクワク漢字』『計算WEB』進研ゼミ小学講座の会員限定・無料ドリルが利用できる



『ワクワク漢字』『計算WEB』は進研ゼミ小学講座の会員向けのサービスです(ワクワク漢字・計算WEB|進研ゼミ小学講座の会員サイト【チャレンジウェブ】)。
漢字・計算ドリルを無料でプリントアウトして利用できます。


全てのドリルが一年分公開されています。また、漢字ドリルは、教科書・月別で、計算ドリルは単元別にまとめられていますので、苦手なところを絞って学習することができます。


準備するのは、プリンタとA4用紙だけ。


長期休校などの場合は、一日〇枚など、目標を決めて取り組むと毎日の生活にメリハリがでてきます。


【進研ゼミ小学講座】


チャレンジタッチ・楽しい学習アプリが無料でついてくる



チャレンジタッチには、楽しい学習アプリがついています。学習向けアプリは基本的には学年ごとに違うもので、毎月無料で配信されています。無料です!


アプリの種類は受講学年でちょっと変わります。
アプリきち(小1・小2)
学習アプリコーナー(小3~小6)




こちらは小学校4年生用の画面です。
画面の下、赤丸印を学習アプリをクリックすると、、、↓



学習アプリが開きます。
ここでは、ことわざを覚えたり、計算をしたり、都道府県のことがクイズ形式で学べたりなど、ゲーム感覚で学習できるアプリがたくさん入っています。


ゲーム感覚と言っても、4年生では都道府県のことを学べたり、6年生になると歴史に関連するアプリが登場したりして、かなり学校の勉強に役立つというスグレモノ。繰り返し遊んでいるうちに、たくさん暗記ができてしまうかもしれません。



【進研ゼミ小学講座】


進研ゼミ小学講座の無料電子書籍【まなびライブラリー】約1000冊の書籍が無料!!


電子図書館まなびライブラリーとは、進研ゼミの会員向けのオンラインサービスで、電子書籍や動画を無料で見ることができます。



10社の出版社と3社の映像提供会社と連携することで児童書や絵本・小説・歴史・生物や科学など、幅広いジャンルの常時約1000冊の書籍および動画(またはビデオ、番組)を自由に閲覧できます。会員なら使わないと損ですよね!
※連携出版社・映像会社は2020年4月時点のもの。



児童書では、世界や日本の名作から、伝記、自然科学、授業で取り扱っている名作なども含まれていて、学校での学習をさらに深めることができます。さらに、学齢や読んだ本にあわせて、おすすめの本を紹介してくれる機能があり、とっても便利。



チャレンジタッチはもちろん、パソコンやタブレット、スマホで見ることができます。自宅で利用するのはもちろん、出かけた先で待ち時間が長い時など便利です。


緊急事態宣言とか悪天候などで、図書館で本が借りられなくても、読みたいときにすぐ読めるのが嬉しい
ですね!


始めて使う場合、チャレンジタッチから、まなびライブラリーに行くのは、少しわかりにくいです。



こちらは、小学校4年生用の画面です。
画面右下の赤丸部分、わくわく発見ランドをクリックします。



まなびライブラリーは、わくわく発見ランドの中に入っています。





ちなみに、学年によって利用できるコンテンツが変わりますので、ご留意くださいね。
みらいタワー(小1・小2)
わくわく発見ランド(小3・小4)
未来発見ランド(小5・小6)



公式サイトでは、おすすめの本など利用できる書籍の一部が紹介されています。


電子図書館まなびライブラリー|進研ゼミ・こどもちゃれんじ|