【進研ゼミ小学講座/チャレンジタッチ】体験記 追加料なしのプログラミング学習を使ってみた感想


文部科学省は、『2020年に日本の小学校でプログラミング教育を必修化する』ことを決定しました。プログラミングと言えば、プログラミング言語を用いたいわゆるコーディングを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、小学生のプログラミング教育の基本は、目的を達成するための手順を試行錯誤しながら論理的に考える「プログラミング的思考」を身に着けることが目的です。



進研ゼミ小学講座では、「プログラミング的思考」が身に付くプログラミング学習が追加料なしで利用できます!


紙教材・チャレンジを受講している方は、インターネットにつながったパソコンを使って、タブレット教材・チャレンジタッチを受講している方は専用タブレットを使って、各種コンテンツの利用が可能です。



進研ゼミのプログラミング学習の特徴は、プログラミング初心者の小学生でも、親のサポートなしで、段階的にプログラミングを理解し、最終的にはゲームが作れるようになるように工夫されていること。



こちらでは、追加料なしで受講できるプログラミング学習を実際に使ってみた感想をまとめています。



【進研ゼミ小学講座】




小学校4年生で使ってみた!プログラミング学習


進研ゼミ小学講座では、小学1~6年生講座では 追加受講費無し、申し込み不要でプログラミング学習が提供されています(スタイルにより、一部内容が異なります)。


無料という時点で学習の質やサービスの質が低いのではないかと心配される方もいらっしゃるかもしれませんので、使ってみた感想をレビューしたいと思います。


始めて利用したのは、4年生の時です。



チャレンジタッチでプログラミング学習をを始めるには、ホーム画面右下赤丸のプログラミングワールドをクリック。



チャレンジタッチのプログラミングワールドでは、プログラミングがはじめての子どもが取り組む「キホンのプログラミング」という講座が用意されています。画面の上の三つです。
① パソコンマスター!!
② はじめてのプログラミング
③ はじめてのゲームプログラミング



パソコンを使ったことがない方は、①から始めます。ここでは、パソコンの基本的な操作「電源のオン、オフ」「マウスの使い方」「フォルダの開き方」を学べます。


パソコンは使ったことあるけど、プログラミングは初めてという方は、②で基本動作の操作方法を学びます。③では、②で学んだ動作を使って、ゲームを作っていきます。


ビジュアルプログラミングで一番有名な「Scratch(スクラッチ)」と同じ形式で、指示ブロックをつなげて作っていきます。が、Scratchとの大きな違いは、 解説がとても丁寧なので、大人のサポートなしで子供一人で学べること。



小学1~6年生の全学年に、情報社会を生きる子供たちにとって必須の資質能力といわれている「情報活用能力」の育成をねらいとしたコンテンツもあります(スタイルによる教材の違いはありません)。


「情報モラル」を学べるのは「インターネット事件簿」。画面の左一番下にあります。この講座は、子どもたちがマナーやリスクをふまえて上手に情報や情報技術を活用していけるように、よくあるトラブルへの対応を学べます。技術や知識うんぬんいろいろあるんでしょうが、実は、リスク管理が一番大事です。


「情報デザイン」を学べるのは、画面下の中央。「スペースタイピング」。正しい指使いを意識したタイピングの練習ができるようになっています。


<教科×プログラミング>は、その学年の算数や理科などの学習内容をより理解できる教材です。子供が4年生の時に、理科とプログラミングを掛け合わせた学習ができる「電気迷路エンジニア」を利用しました。


子供が夢中になってくれるゲーム形式。電池の知識がなくても取り組めるステージ1から、プログラミング的思考と電池の知識を駆使して挑むステージ8まで準備されています。乾電池を並列にしたり、直列したりすることによって、電池が長持ちしたり、電流が増えたりするなど、理科の電気の知識を身に付けながら、プログラミング的思考を楽しく学習していきます。


うちの子は、プログラミング大好きで、自分のパソコンを使ってスクラッチでゲームをせっせと作っているタイプでしたので、こちらの講座は喜んで挑戦してくれました。


どんどん挑戦するあまり最終的には物足らなくなり、現在は、独自で「Scratch」や「マインクラフト」に手をつけています。


初心者向け、初めてプログラミングをするお子さんに適した講座として活用すると良いと思います。こちらの講座を終えて、まだまだ意欲があるようなら、進研ゼミの有料プログラミング講座、や他社の講座を検討するとよいでしょう。




【進研ゼミ小学講座/チャレンジタッチ】でのプログラミング学習まとめ


進研ゼミのプログラミングワールドは、 初心者でも簡単に楽しくプログラミング学習をスタートできる教材です。 受講者は全て追加料金なしで利用できます


ただし、進研ゼミのプログラミング学習は、国語・算数などの科目とはちょっと学習のスタイルが異なるということにご留意ください。


子供は、これはこの日までの課題ですと言われると「やらなきゃ!」と思って取り組んでくれたり、ご褒美やプレゼントがもらえるというだけでやる気出してくれるものですよね。残念ながら、プログラミング学習にはそういったシステムはありません。


国語、算数などの科目とは異なり、 プログラミング学習は、月々のノルマとなる課題がありません


さらに、他の科目では「ジュエル」をためるとゲームアプリやアバターがもらえたり、「努力賞ポイント」をためると豪華なプレゼントと交換することができます。我が家でも子供の学習意欲に大きく影響しています。しかし、 プログラミング学習ではご褒美はもらえません


進研ゼミの追加料無料のプログラミング学習は、子供が純粋にプログラミング自体に興味を持ってくれないと手をつけてくれない可能性もあります。ほったらかしにしておいたら手をつけてない!!なんてことも大いにあり得ますので、その点にご注意ください。



さらに、追加料無料のプログラミング学習はコンテンツ数が限られているので、全体としてのボリュームは多くはありません。プログラミング大好き、興味があるというお子さんは、利用できるコンテンツをあっという間にクリアしてしてしまいます。つまり、 やる気のある子には物足らないという問題があります


以上のことを考慮すると、進研ゼミの追加料無料のプログラミング学習は、
「プログラミング学習を体験しながら、少しずつ興味を持ってほしい」
「一通りプログラミングがどんなものが知っておいてほしい」


という方には、おススメの講座だと思います。



一方、ゲームやアプリを作ってみたい、ロボットを動かしたいなど、すでにプログラミングでやりたいことがイメージできているなら、プログラミングスクールなど本格的にプログラミング学習に取り組む方法
がいいかもしれません。



進研ゼミでも、有料オプション教材として、「プログラミング講座」が開講されています。毎月1回ずつ48回分のレッスンが準備されています。


進研ゼミ公式サイトでは、最初の回(レベル1・ステップ1)のレッスンがWeb上で無料で体験できるようになっています。


「じょうほうレッスン」の1つ『プログラミング的思考』は、次のステップであるビジュアルプログラミングの前段階。動画授業で、かわいいペンギンのキャラクターと一緒にオムレツやホットドックを作ったり、食器を洗ったりするという身近な日常の行動を分解していきます。無料体験でも、だた視聴するだけではなく、動画の途中で出てきた問題に答えたりできます。答え合わせもあります。



「プログラミングレッスン」では、Scratch(スクラッチ)でビジュアルプログラミングに挑戦するようです。バーチャル図書館にある物語が壊れてしまった!!というトラブルをプログラミングで解決していくというレッスンのようで、最初の物語は『桃太郎』ですが、残念ながら、無料体験では、動画視聴のみ。プログラミング体験はできませんでした。


他にも「じょうほうレッスン」は、情報の「集め方」や「見せ方」を学ぶ『情報デザイン』、情報を正しく安全に扱うために必要なルールや考え方を学ぶ『情報モラル・セキュリティ』、パソコンなどの機器の正しい操作方法を学ぶ『機器操作』で構成されています。


受講できるのは、小学1年生~小学5年生のみとなっています。
​ボリュームの目安は一週間当たり30分程度。受講料も他社のプログラミングレッスンと比較するとお手頃なので、無理なく始められそうですね。


受講費(税込)は、下記の通りです。
毎月払いの場合:月々3,480 円(税込)
6か月分一括払い:19,800 円(税込)
1年分一括払い:34,800 円(税込)*月当たりの受講料が2,900 円になります。
費用は、2021年6月時点で調べたものです。申込時期によって、変更になっている可能性もありますので、詳細は公式HPにてご確認ください。


【進研ゼミ小学講座】