【進研ゼミ小学講座/チャレンジタッチ】体験記 始めてよかった!おすすめのポイント5選


進研ゼミはCMなどでも有名なので、ご存じの方が多いと思います。 小学生になって始める通信講座として、まず、進研ゼミ小学講座から検討するという方も多いのではないでしょうか?


我が家では、進研ゼミ小学講座のチャレンジタッチを小学校3年生からはじめ、6年生まで受講しました。


こちらでは、実際にチャレンジタッチを受講してみて、始めた良かったと思った点、おススメの5つのポイントについてまとめています。チャレンジタッチを検討している方は、受講前にぜひご確認ください。



【進研ゼミ小学講座】




チャレンジタッチのメリット① スイッチオンで最適な学習がスタートする


チャレンジタッチは、 電源をいれたらスグに最適な学習をスタートすることができるところがおススメポイントです。また、電源をつけると画面の真ん中に今日やるべき講座が表示されています。「何から始めていいのかわからない」と迷うことなく学習を始められます。また、自分の教室へ進むと〇月はあと何レッスン残っているかがわかるようになっています。下記で実際の画面を示しながら紹介していきます。



画面真ん中の赤丸の部分が本日のおススメレッスンです。ここをクリックしたら、講座スタートです。
ちなみに、手でクリックしても、右上にあるペンでクリックしても反応します。




おススメレッスンをクリックしないで、画面真ん中上の、赤丸印の教室をクリックした場合は、、、、↓




教室の画面です。終わったレッスンとまだのレッスンがどれだけあるか一目瞭然。。画面の赤矢印の、王冠マークは、終了したレッスンです
国語がたくさん残っているから、国語からやろうとか、あと1レッスンだから、理科を終わらせようとか、計画が立てやすいですね!


直感的に操作できるように工夫されていますので、デジタルに強い最近の子供なら電源オンするだけでどんどん学習を進められると思います。



【進研ゼミ小学講座】


チャレンジタッチのメリット② 解いた直後に採点+解説、苦手なところは再学習!!学習効率が高い!



タブレットの最大のメリットは学習効率の高さです。例を挙げて紹介します。問題を解いて右上の「答え合わせ」をクリックすると、、、



その場で正誤がわかる。しかも、解説付きです



別の問題の解説例です。必要に応じて、図などを用いた解説を示してくれますから、わかりやすいです!!



間違えた問題をタブレットが記憶していて、解きなおし問題「キミ専用のとき直し問題」を作成してくれます。画面左側の赤い矢印のところです。


さらに、次の学習の際に、チャレンジタッチが、「キミ専用のとき直し問題」を学習するようにおススメしてくれます。


苦手なところは再学習できるように自然に促してくれるので、とても効率がいいですね。



チャレンジタッチのメリット③ 繰り返し学習がしやすい


早く終わっちゃった子は、25日になるまで新しい講座を待つのがいやかもしれませんが、小学生の頃はどんどん進めるより繰り返し学習するのも大事です。 チャレンジタッチのメリットは、繰り返し学習がやりやすいことです。データをクリアすれば、反復学習が容易に可能で、消しゴムいらず。



消しゴムで書いたものを消す負担ってかなり大きい。お子さんがいらっしゃる方なら、皆さん苦労していると思いますが、消すのって本当に大変です!


例えば、教室の画面から、黒矢印の算数コースをクリックすると、、、↓




今月の算数のレッスンが表示されます。
レッスンの隣に小さく赤い花丸とか青い花丸が表示されています。花丸がついているのが終わったレッスンです。印なしが未受講のレッスン。


赤花丸と青花丸の違いは、何でしょう?



レッスン中の全ての問題が正解だと赤の花丸がもらえます。「角のかき方」レッスンでは3問出題されて、全問正解でした




レッスン途中で、問題を間違うと、最後にやり直しになります。正解になるまで、やり直すと青の花丸がもらえます。「2つのことがらを表すグラフ」レッスンでは、4問出題されて、3問目を間違えましたが、やり直して正解になりました


間違ったままにすると青の二重丸になり、解きなおしボックスに入るそうですが、うちの子は、そのまま放置はしないそうです。なぜなら、花丸まで頑張った方が「ジュエル」がたくさんもらえるから。


一度、花丸がついたセクションは、次に開くと白紙になっているので、簡単に反副学習できます。


しかも青の花丸を開いて、やり直し→全問正解になると赤の花丸になります。


うちの子は、青花丸を赤花丸にしたくて、自主的に反復学習をしていました。
この作業に発生するジュエルはないにも関わらず反復学習をしているところをみると、心理的に、青が赤に変わると嬉しいようです。子どもにとっては、マークも重要なんですね。




チャレンジタッチのメリット④ 考える工程を細分化して説明くれる


基礎問題は、簡単な解説のみですが、例えば、挑戦コースの問題など 難しい問題は考える過程を細分化して説明してくれます


算数の挑戦レッスンの例はこちら↓

そういえば、小学生の時にみんな引っかかっていたあるある問題




間違えやすいポイントを教えてくれます。



図で示せば、一目瞭然ですね。




木と木の間は数が違うということを図を使って、段階的に説明してくれるので、とても分かりやすいですね。



算数の図形の展開図などは、アニメーションで説明してくれます。


考える過程を細分化して説明してくれていることが多いので、親のサポートなしで、難しい問題でも解答までたどり着けるようになっています。。


【進研ゼミ小学講座】




チャレンジタッチのメリット⑤ 楽しい教材が届く!!使うと自然に学習が身につくスグレモノ


チャレンジタッチでは、時期・目的に合わせて取り組む教材がたくさん届きます。見た目はかわいいおもちゃのような教材に子供は夢中。




見た目もかわいいし、シールなどでちょっとしたカスタマイズもできるので、大喜びです。子どもの気を引くようにカワイイつくり、カッコいいつくりになっていますが、教材として送られてくるものは、基本的には、学校の学習に対応しており、 使えば自然と必要な知識が身につくというスグレモノです。特に星関連のグッズは我が家では大活躍しました。



人気のアニメとコラボした教材もあります。アニメに関連した問題が出題されているので、普段はやらない基礎問題でもコラボ教材なら興味津々。


">
下記のページでは、これまでに届いた体験教材の一部と使った感想を紹介していますので、ご興味のある方は是非ご覧ください。



チャレンジタッチのメリット<おまけ> 希望する人には嬉しい!!コンクール応募のためのコンテンツが充実。


進研ゼミでは、子どもたちの夏休みの取り組みを応援してくれるコンクールがあります。コンクールは、「作文部門」「自由研究部門」「環境部門」「絵画部門」で開催されています。



子どもたちが日頃の学習で身につけた考える力や表現力を活用し、幅広い自由研究を通じて個性や創造力を発揮する機会として2004年度から開催されているんだそう。たいていは作品募集は7月の初旬から9月初旬まで募集しているようです。



応募の詳細がわかる冊子は、夏休みが近くなったら教材と一緒に送られてきます。冊子の 中身はこちら。



大賞は、ニンテンドースイッチ。文部科学大臣賞には特別な賞状がもらえるんだそう!!やる気もアップしそうですね。



うちも自由研究を応募しようかと思ったんですが、残念ながら応募作品は原本で、作品は返却できないとのことです。うちは、せっかくの自由研究なので記念に取っておくほうを優先し、応募は諦めました。



さらに、公式サイトでは、夏休みの自由研究、読書感想文の悩みを解決してくれる親にとってはありがた~~~いコンテンツがあります。会員でなくても閲覧無料!!これを利用しないなんてもったいないですよね!



自由研究のコンテンツ(ベネッセ・夏休みの宿題解決策特集 )では、研究のまとめはもちろん、学年や希望、好み、そして費やせる期間まで考慮して研究テーマを提案してくれたり、親子で楽しむためのヒントや各スポットの効果的な利用方法、自由研究での上手な活用方法などを紹介してくれたり、とっても便利。さらに、親としてどのように励ましたらよいかまでアドバイスしてくれます!


読書感想文のコンテンツ(読書感想文の書き方|ベネッセ 教育情報サイト)では、学年や希望、好み、そして費やせる期間を考慮しておすすめの本を提案してくれたり、楽しく取り組んでもらうための読書感想文の書き方について解説があります。


【進研ゼミ小学講座】