小学生がプログラミング教室・講座を受講する前に考えるべきポイントとは?


NECパーソナルコンピュータ株式会社による「子どものプログラミング学習およびパソコン使用実態に関する調査」によると、子どもにプログラミングを学ばせたい意向は保護者全体の4割。習わせたいものランキングでは、「プログラミング学習」が7位という結果になっています。
『プログラミングを習わせたい』という考えている方が多いようですね。


「子どものプログラミング学習およびパソコン使用実態に関する調査」概要
調査地域:全国
調査対象:小学生の子どもがいる保護者 8,626名(子ども10,669名)
調査時期:2019年12月18日(水)~12月20日(金)
調査方法:インターネット調査


この需要の高まりに対応して、プログラミング教室・講座もどんどん増えているように思います。


選択肢がたくさん増えるのは嬉しいですが、どれがいいのか迷うことも。また、やってみないとわからないとはいうもののできれば失敗せずに始めたいというのが正直なところです。


そこで、プログラミング教室・講座を受講する前に考えるべきポイントについてまとめました。




プログラミング教室・講座を受講する前に確認するべき5つのポイント


プログラミング教室・講座の受講を検討する際に、どういったポイントを確認すべきか整理してみました。大きく分けると下記5つのポイントに絞られると思います。


1.受講スタイル: オンライン・通信講座 or 対面受講タイプ
2.期間: 短期 or 長期

3.対象年齢: 低学年向け or 高学年向け
4.受講内容: ゲーム・アプリ作り or ロボット作り
5.受講費用




1.受講スタイル: オンライン・通信講座 or 対面受講タイプ

プログラミングはパソコン一台あればできるので、オンライン講座が豊富にあるのが特徴です。近くに教室がない、習い事や部活動など忙しくてなかなか教室には通えない、という場合はオンラインが続けやすそうです。そして最近、オンラインを導入検討する学校や会社が増加し、今後ますます増加する傾向にあります。将来を見据えて、今からオンラインに慣れておいても損はありません。ただし、パソコンを用いて意思疎通を図るため、低学年などパソコン操作に慣れてない場合には不向きです。


もちろん対面受講タイプの講座もあります。多くのプログラミング教室では、家庭とは違って、マンツーマンではありません。そのため、自分から考えたり、自分から質問できるようになるなど、自主学習をする力が育ちます。また、同じ教室の子ども同士でプログラムを見せ合ったり、分からないところを教え合ったりなど交流できます。お友達と仲良くなれば、楽しく続けられるというメリットもあります。


教室に通いたいという子、時間がないから、自宅で習いたいという子、子どもの希望はそれぞれです。それぞれのメリットとデメリットを表に整理しました。


~~オンライン・通信講座~~
メリット
・好きな時間に好きな場所で受講できる(時間の無駄がない。安心、安全。)
・対面受講タイプと比較すると受講料が安いことが多い。

デメリット

・パソコン購入、動作環境設定など初期の環境を整えるのが大変
・低学年対象の講座が少ない



~~対面受講~~
メリット
・わからないことは先生に直接指導してもらえる
・お友達と楽しく通える
・低学年対象の講座が多い
・(パソコンがレンタルで使用させてもらえる場合、パソコンを購入しなくてもよい)

デメリット
・オンライン・通信講座と比較すると受講料が高いことが多い。
・送迎などが必要
・近くに教室がない場合は通えない



2.期間: 短期 or 長期
長期講座の場合は、入学金や材料費などの初期費用がかかる場合が多いです。続けられないともったいないので、普段忙しい場合は、短期講座がよさそうです。
長期講座の場合は、どんどんステップアップしていけるというメリットがあります。将来、プログラマーになりたいとかゲームを作りたいという具体的な目標を持っている、プログラムに興味があるなどの場合は長期講座が適しているかもしれません。




3.低学年向け or 高学年向け
受講前に確認しておきたいのは対象年齢。
おおまかに低学年向け、中高学年向けの二つに分けられます。講座によっては、低学年から高学年に向けてステップアップしていくものもありますが、中には、低学年のみ対象、中高学年から受講可などの講座もあります。


簡単すぎたら飽きてしまうかもしれないし、難しいと嫌になってしまうかもしれませんので、受講前に対象年齢の確認が必要ですね。



4.受講内容: ゲーム・アプリ作り or ロボット作り
プログラミング講座といっても学習内容が異なります。
大きく分けるとゲーム・アプリ作り/ロボット作りの二つに分かれます。


まず、ゲーム・アプリ作りは、パソコンのマウスやキー操作にある程度慣れている必要があることから、対象年齢が高めの設定になっていることが多いです。一方で、ロボット作りはパソコンに慣れてなくても大丈夫。中には、年長さんから受講できる講座もあります。もちろん、レベルアップして高学年まで続けることもできます。



5.受講費用

気になるのは、費用。
プログラミング教室にかかる費用として(もちろん講座によりますが)、入学金、受講料、教材費などを事前に確認する必要があります。


入会金は必要なところと不要なところがあります。


受講料は、数千円から中には2万円近くするものまで幅がありますが、オンラインと比較すると対面式の方が高くなっているようです。


教材費は、たいていロボット教室を選択した場合ある程度費用がかかると思っておいた方がいいでしょう。ロボット作りには基板やセンサー、部品などの材料が必要なので、教材費が高くなりがちです。講座によって違いがありますが、長期講座の場合、初期費用3万から5万円程度といったところでしょうか。一方で、ゲーム・アプリ作りは、パソコン一台あれば大丈夫。既にパソコンをお持ちの方は、初期費用が安く抑えられます。


その他、iPadやパソコンを持っていない場合、レンタル料を支払えば貸与してくれたり、講座によっては施設使用料などかかるところもあるようです。



まとめると以下のようになります。

入会金:0円から~20,000円
受講料:月々4,000円から20,000円(月払い、年払い、コースごとに一括払いなど)
教材費:0円~50,000円(ロボットやブロックなど、一括払いやレンタルなどがある)
その他:iPadやパソコンのレンタル料、施設使用料など



ほとんどの講座が無料体験レッスンを実施しています(通信講座の場合、無料資料がもらえます)。
面白そうと思ってみても、実際は合わなかったり、難しそうと思っていても実際はすごく面白かったり……体験してみないとわかならいことも多いと思いますので、受講前には、無料体験レッスンの受講をお勧めします。



また、下記のサイトでは、この5つのポイントをもとに小学生のためのプログラミング教室・講座をまとめて紹介しています。もしよかったらご覧ください。




小学生におすすめのプログラミング教室・プログラミング講座を比較&紹介