【進研ゼミ小学講座/チャレンジタッチ】体験記 悪い口コミは本当?実際にタブレットを使ってみた感想を紹介


小学生になって始める通信講座として、まず、進研ゼミ小学講座のタブレット学習・チャレンジタッチから検討するという方も多いのではないでしょうか?検討時に気になるのがタブレットの使い勝手。我が家でも受講前には、チャレンジタッチの評判・口コミを確認しました。


ネット上には、いい口コミだけでなく悪い口コミもありますが、口コミは古いものもあり、実際のタブレットはこれまでに何度かバージョンアップをしています。悪い口コミといい口コミどちらが正しいのでしょうか?


我が家は3年生から、進研ゼミ小学講座のチャレンジタッチを受講し、6年生まで続けました。


こちらでは、実際に進研ゼミ小学講座/チャレンジタッチを受講し、タブレットを使ってみた正直な感想を不満な部分のみピックアップしてまとめています。チャレンジタッチを検討している方は、受講前にぜひご確認ください。


【進研ゼミ小学講座】


チャレンジタッチのタブレットは立ち上がりやダウンロードがちょっと遅いかも


チャレンジタッチのタブレットは起動に少々時間がかかります。うちの子は、特に気にならないとのことですが、自分のタブレットやゲーム機も持っておらず、チャレンジタッチのタブレットに慣れてしまったからかもしれません。他のタブレットを使用している人なら、ちょっとイラっとするかも。


進研ゼミ小学講座/チャレンジタッチでは、新しい月号の教材への更新が、毎月25日(例:6月号教材に更新できるのは5月25日)に行うことができます。つまり、25日以降であれば、新しい月号の教材がダウンロード可能になります。


毎月25日になると更新する人が増えるのか、少々回線が込むようです。通信環境や時期によってはちょっと更新が滞る事もあるのかもしれません。うちの場合は、長くて7,8分。早ければ、4,5分といったところでしょうか。


ダウンロード前には、事前に充電が必要な上、タブレットの充電にもちょっと時間がかかります。うちは、子どもがその辺を把握していて余裕をもって対応しているので、問題はないと言っています。こういうものだと把握してしまえば問題ないのかもしれませんね。。


ただし、どうしても耐えられない、タブレットの機能が充実した講座がいいというかたには、スマイルゼミがおすすめします。 スマイルゼミは、ソフトウェア開発を強みとしているジャストシステムが運営しているだけあって、 スマイルゼミなら機能が充実したタブレットを使えるという特徴があります。口コミでもタブレットの使い勝手がよいと好評です。



スマイルゼミ




チャレンジタッチのタブレットは、画面に手を付いて書くと正しく反応しない


タッチペンを使っているときに、 画面に手がつくと正しく反応してくれないので、ちょっと浮かしながら書かないといけません。うちの子は使っているうちに慣れちゃったと言っています。


ただし、どうしても耐えられない、スマイルゼミがおすすめします。 スマイルゼミのタブレットは『唯一、手を付いて書けるタブレット』です。つまり、このストレスから解放されるのはスマイルゼミのみ。


スマイルゼミは、ソフトウェア開発を強みとしているジャストシステムが運営しているだけあって、 スマイルゼミなら機能が充実したタブレットを使えるという特徴があります。口コミでもタブレットの使い勝手がよいと好評です。



スマイルゼミ


チャレンジタッチのタブレット・綺麗な字を書くためには慣れが必要




画面上で正確にペンを動かすのはなかなか大変です。それなのに、「漢字の添削に一ミリ出たり、線がちょっと短かったりしたら、注意されて、ちょっといらっとする。」ことがあるそうです。漢字の添削は、簡単モードとふつうモードがあるので、簡単モードにすれば大丈夫だそうですが、うちの子は、ふつうモードで頑張っているそうです。


でも「まあ、慣れたら大丈夫」とのことで、うちの子は、特に問題ないと言っています。



チャレンジタッチで綺麗な字を書くのはかなり難しいです。こちらが、実際にチャレンジタッチで「赤ペン先生の問題」を解いてみたところ。ちょっと、壊滅的なレベルの字になっています。




ちなみに、こちら普段のうちの子の筆跡です。


慣れればもう少しきれいに書けるようになるのかもしれませんが、うちの子は、全く気にしていないので、タブレットの文字がきれいになる様子はありません(笑)。


几帳面で字はきれいに書きたいっていうお子さんの場合は、チャレンジタッチはちょっと嫌だと思うかもしれません。そのような場合は、他社の講座か、チャレンジの紙講座に変更することをおススメします。



チャレンジタッチ・タブレットの破損が心配、保険に入れるのは『専用タブレット』到着前のみ


落としたり、踏んだりして壊してしまいがちなタブレット。一年生から入会するとなんと6年間も使い続けなくてはなりません!壊れてしまう可能性もありそうです。


チャレンジタッチのタブレット代は19,800円(税込)です。


チャレンジパッドサポートサービスという保険があり、加入しておくと下記のような保証が受けられるので、安心です。

自然故障
(初期不良・自然に壊れた)
自己破損
(落して壊した、水をこぼした)
到着日から
1年間
機器保証
(無償で交換)
×
サポートサービス
(3300円(税込)で交換)
2年目以降 機器保証 × ×
サポートサービス
(3300円(税込)で交換)

(3300円(税込)で交換)


タブレットの破損が心配な方は、保険に入っておくことをおススメします。しかし、この 保険に申し込めるのは、『専用タブレット』到着前のみです!!

チャレンジパッドサポートサービスの保険料は、12か月契約で年間2,400円となっています。また、一月や6か月単位の契約もできます。


*保険費用や内容はの2022年6月時点のものです。申込時期によって、変更になっている可能性もありますので、詳細は公式HPにてご確認ください。


【進研ゼミ小学講座】


【チャレンジタッチ・タブレットの使い勝手/まとめ】少々悪いかもしれないけど、慣れれば平気!!うちの子は大好き<

我が家では、小学校3年生から6年生まで飽きることなくチャレンジタッチをを使い続けました。うちの子の感想は、チャレンジタッチは楽しい!!不満はないよ~。と言っています。


強いて不満を挙げるとしたら、タブレットの使い勝手なのかもしれませんが、慣れちゃったので気にしてないようです。


最終的には、大人があれこれ考えるより、子供本人が楽しく続けられることが大切だと思います。



【進研ゼミ小学講座】